編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

SAPジャパン、「HANA」最新版を提供--メモリー容量の増加でパフォーマンス向上

NO BUDGET

2019-04-22 10:54

 SAPジャパンは4月18日、インメモリデータベース「SAP HANA」の最新版を提供開始すると発表した。新機能には、クラウドサポートの強化、「インテル Optane DC パーシステント・メモリー・モジュール」のサポート、データベース管理を効率化するインテリジェントレコメンデーション、新しい機械学習機能、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)認定、改善されたコスト効率の高いデータ階層化、データセキュリティの強化などがある。

 メモリー容量の増加によってアプリケーションのパフォーマンスが向上しており、新しいSAP HANA native storage extensionによるデータ階層化の強化と、インテル Optane DC パーシステント・メモリー・モジュールのサポートによって、総所有コスト(TCO)を削減できるとしている。

 単一システムに格納できる仮想マシンの数が増えたことで、必要なハードウェアを減らせるようになったほか、データ階層化機能の向上によってリカバリー時間の短縮や、計画および計画外のダウンタイムの最小化を実現した。これにより、クラウドの運用費用を削減する。

 また、データベース管理者向けにSQLの最適化やデータ階層化などに関するインテリジェントレコメンデーション機能を提供。データ仮想化に対する高度なアプローチをサポートすることで、データがどこにあってもシームレスに接続するというSAP HANAの特性がより強化されたとしている。セキュリティ面ではエンドツーエンドのデータプライバシー管理も強化されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]