編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

職場のIT環境、どう思う?--20代若手社員の生の声(前編)

大場みのり (編集部)

2019-05-02 07:00

 近年、学校でのプログラミングの必修化や企業・団体でのRPA(Robotic Process Automation)の導入など急速なIT化が進んでおり、「デジタルネイティブ」と呼ばれる世代も台頭している。そんな中、職場のITに関するジェネレーションギャップはどうなっているのだろうか。そこで今回、現在の若手社員から見た社内のIT環境を掘り下げてみようと思う。若手社員とのギャップを認識し、システムの導入や活用を検討するきっかけになれば幸いである。

 私自身、2019年3月に学校を卒業した24歳の新人記者である。中学生の頃にスマートフォンが発売され、WordやExcel、PowerPointは学校の課題で使い慣れている。一方でプログラミングの経験はなく、PCに問題が生じた際はネットや自分よりITに詳しい人の力を借りなければならない。

 この記事の執筆にあたり、記者の周りで会社員として働いている8人に「IT分野で上司との間にジェネレーションギャップを感じたことはあるか」「社内の業務でIT化してほしいものはあるか」と聞いた。彼らが挙げた主なコメントは以下の通りである。

  • 会社で使用しているメールや社内文書保管のシステムが変わった際、若手社員は問題なく対応できる一方で、ベテラン社員は使い方が分からず「どうやって文書ダウンロードするんだっけ?印刷はどうするの?」としばしば尋ねてくる(25歳、紙卸売業、営業職)
  • 校正のソフトを導入してほしい。プロの方にお願いしているが、誰に頼むのかを考えるところから始まり、最短でも中一日は校正時間を取る必要がある(25歳、編集業、編集職)
  • IT化してほしいことばかりだった。決裁は未だに「紙に押印」のスタイルでやっており、自治体への連絡事項などは郵送で行っていた(25歳、元・公共系)

 そして8人のうち、特に広告会社と銀行に勤める2人の女性の回答が印象的だった。2人とも24歳で社会人歴2年目である。2人が勤める企業に共通しているのは、戦前に創業した老舗であるということだ。逆に、70年代に創業した人材派遣会社に勤める女性は「ITリテラシーはむしろ上司の方が高く、ギャップを感じることはない」と述べていた。例えば、役職がある社員は、売り上げや目標、機密情報の管理にExcelをうまく使っているという。

 今回は、大手広告会社の営業職を務める女性の意見を紹介する。彼女は「社会人歴が長い分、基本的に上司の方がITに詳しいが、40代以上の社員は古い体質が抜けていないことがある」と話す。例えば、社内ではウェブ上でスケジュールを管理、共有することが義務づけられているにもかかわらず、彼女のチームリーダーである40代男性社員は依然としてスケジュールを自身の手帳で管理している。その結果、ウェブ上でスケジュールを報告している他の社員に口頭で彼らの予定を尋ね、既にキャンセルになった予定について「アレ、どうなった?」と聞いてくることが日常茶飯事だという。

 一方で「40歳以下の社員は、社内のアナログなシステムや対面での打ち合わせに対して、盛んに文句を言っている」と話す。彼女自身、入社当時は気づかなかったものの、働く中で課題を感じるようになったそうだ。「特にアナログなのは、経費管理。社員は毎回、PCへの入力に加えて紙に出力したものを提出している。面倒なのでPC入力だけにしてほしい」と語る。

 打ち合わせに関しても、必ずしも対面である必要はないという。顧客と話す時や、細かいニュアンスを伝えたい時、謝罪の時などは、対面で話す必要があるが、業務委託先のスタッフとの打ち合わせや定例ミーティングは、電話会議などで十分であるという。このように代替案まで考えている彼女だが、自身の考えを会社に伝えようと思ったことはないらしい。「誰に言えばいいのか分からない。自分の力で変えられるような些細なことは変えるけど」と語る。

 逆に、“若いから”という理由だけでITに精通していると思われ、困ることもあると話す。社内システムがアップデートされて不明確なことがある際は「新しいものは、若者が詳しい」という思い込みのもと上司に対応を求められ、解決できないと一方的に落胆されるという。

 彼女の話を聞く中で、個人的な対応の遅れや、システムの未導入、勝手な思い込みは、職場の不和につながると感じられた。また、彼女のように社内のIT環境に課題を感じていても提案には至っていないケースもあることから、たとえ意見が挙がっていなくても社内システムに問題がないとは限らない。そのため、若手がIT環境について気軽に提案することを後押しする仕組みを作るべきではないだろうか。

 後編では、メガバンクで一般職として働く女性の声を取り上げる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]