編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

マイクロソフト、.NET向け機械学習プラットフォーム「ML.NET 1.0」のリリース発表

Andrew Brust (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-05-07 10:55

 データ科学者向けに次々と機械学習(ML)プラットフォームが提供されるというのは結構なことだが、企業の開発者が使えるようになっていなければ、MLや人工知能(AI)は企業におけるメインストリームにはならない。そのことを最も切実に感じているのはおそらく、昔から開発者を重視しており、現在AIにも注力しているMicrosoftだろう。このため、ワシントン州シアトルで米国時間5月6日に開幕した同社の開発者向け年次カンファレンス「Build 2019」の初日に、「ML.NET 1.0」のリリースが発表されたというのはうなずける話だ。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

 20年近い歴史を有する「.NET」が、Microsoftの法人向けソフトウェア開発プラットフォームであることは誰もが知っているはずだ。しかし.NETファミリの最新メンバーである「.NET Core」にはなじみが薄いかもしれない。.NET Coreはオープンソース化されており、同社のOSである「Windows」上だけでなく「macOS」やLinux上でも動作する。その.NET Coreと同様にオープンソースかつクロスプラットフォーム対応でもあるML.NETは、MLに関する各種機能を.NET開発者にもたらすことを目的とした製品だ。

 ML.NETでは、.NET開発者に対してPythonを学習するよう求めるのではなく、C#言語という、Microsoftのメインストリームでよりなじみある環境でのML作業を可能にしている。また同社は、.NET開発者を支援するためのさまざまな使用例もGitHubリポジトリで提供している。

 開発者はML.NETのAPIを直接呼び出したり、より手軽なかたちで従来型のコマンドラインインターフェース(CLI)を用いることができる。ML.NETは、独自のMLアルゴリズム一式(長年にわたってMicrosoftが社内で利用しているML技術に基づいたもの)とデータ型を活用するとともに、深層学習フレームワークとして普及している「TensorFlow」などをサポートする拡張を提供している。さらに、AIモデル配備に用いられるクロスフレームワークに対応した標準「ONNX」もサポートしている。

 ML.NET 1.0のリリースとともに、「Automated Machine Learning」(AutoML)」関連の新しいプレビュー機能や、「ML.NET CLI」「ML.NET Model Builder」などの新ツールのプレビューも追加されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]