DMM.com証券、シンプレクスの認証基盤を採用--口座開設時のオンライン本人確認で

大場みのり (編集部)

2019-05-07 14:22

 DMM.com証券は、口座開設時のオンライン本人確認において、シンプレクスの本人確認プラットフォーム「Deep Percept for eKYC」を採用した。シンプレクスが5月7日に発表した。

 これまで金融機関の口座開設をする際、顧客は本人確認書類の写しの送付と転送不要郵便の授受により本人確認を行っていたが、犯罪収益移転防止法の施行規則が改正されたことによって、オンラインによる本人確認の完結する「eKYC」(e-Know Your Customer)が可能になった。そこでDMM.com証券は、eKYCの導入を決定し、Deep Percept for eKYCを採用した。

 採用の背景として、シンプレクスは「われわれのFXディーリングシステムや、競走用馬ファンド管理システムの開発・運用実績、および人工知能(AI)子会社として設立されたDeep Perceptの技術力が評価された」とコメントしている。

 Deep Percept for eKYCの特徴は、以下の2つである。

  1. AI技術のシステム適用
    AI技術を用いることで、本人確認書類の顔写真と本人の画像データとの照合や、AI-OCR(Optical Character Recognition:光学的文字認識)による本人確認書類情報の読み取り、および顧客エントリー情報との照合が実現する。また、ディープラーニングにより継続的な読み取りの精度向上が見込まれる
  2. 顧客の離脱を防ぐウェブブラウザ機能
    顧客の利便性向上や口座開設作業での離脱防止に向け、ウェブブラウザにおける本人確認機能を提供する

 Deep Percept for eKYCは、口座開設だけでなく、FATF(Financial Action Task Force:金融活動作業部会)が金融業界に求めている適切な低減措置「リスクベースアプローチ」への適応も可能。シンプレクスは同サービスを活用し、法令・規制などへの対応や、BPR(Business Process Re-engineering)コンサルティングを提供していくとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]