IT担当者なら知っておきたいインターネットの基礎:その起源をざっくり振り返る - (page 2)

野々下裕子 2019年05月11日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

WWWとHTMLの登場

 インターネットを今のように多くの人が使えるようになったのは、WWWとHTMLが登場したことが大きく影響している。インターネットは1980~1990年代の間は主に研究者を対象に運用されていた。一方で1984年にはAppleのMachintoshが発売されるなど、個人で使えるパーソナルコンピューター(PC)が登場し、限られたネットワーク内でつながるパソコン通信などが使われ始める。

 パソコン通信もインターネットもテキストベースでのやりとりが中心だったが、PC上のソフトウェアで印刷物を作ったり、表計算をしたり、いろいろな使い方ができたりするようになり、インターネットでもそうした機能を実現しようという人物が現れた。

 その人物はTim Berners-Lee博士で、スイスにある欧州原子核研究機構(CERN)という研究機関に在籍中、研究に関係のある文献やデータを互いに「リンク」させる仕組みを考案した。それが今では「ウェブ」と呼ばれるWWW(World Wide Web)のもとであり、ウェブという名前も同氏によって付けられた。

 テキストをクリックするだけで関連するテキストに移動できるリンクは、「ハイパーテキスト」と呼ばれる仕組みで成り立っており、そのときに使用する「HTML(Hyper Text Markup Language)」というマークアップ言語も併せて考え出された。1991年には世界で最初のウェブが公開された。そのときに使われたのが「WWWクライアント」というソフトウェアで、いわゆるブラウザでウェブを表示させるためのツールである。

 Lee博士はインターネットを作り上げてきた人たち考えを尊重し、WWWに関連する技術やソフトウェアで特許を取ることは一切せず、仕組みも含めて誰もが使えるよう全て無料でオープンにした。そのおかげで誰もがインターネットを利用しやすくなり、生活やビジネス、社会を変えるほどの変革をもたらしている。

 こうしたLee博士の功績は世界でも認められて2007年には英国王室から勲章を授与、ナイトに当たるサーの称号も与えられている。

ホスト名とドメイン名とIPアドレスの関係

 インターネットはネットワークの集合体で、それぞれ個別に運営されている。各コンピューターに識別子が割り当てられることによって、お互いにつながり合うようになっている。識別子とは「ドメイン名」や「IPアドレス」のことを指す。IPアドレスは数字の羅列なので、人が見ても分かるように「ホスト名」ができた。さらに、ネットワーク名やホスト名とIPアドレスの組み合わせをテキスト形式で記述した「ドメイン名」が1970年代に既に登場している。

 当時はホスト表(host table)がHOSTS.TXTというテキストファイルで配布されていたが、ホストの増加によりファイルの配布が困難になり、名前を問い合わせるとアドレスを応答する「ネームサーバー」というアイデアが提案される。1983年にDNS(Domain Name System)が提案され、1984年にはDNSサーバーの「BIND(Berkeley Internet Name Daemon、後にDomain)」が開発された。ドメイン名にはウェブのURL(Uniform Resource Locator)とメールアドレスがある。

 アドレス名やIPアドレスは重複しないよう、世界中でルールを決めて管理されているそのルールを決めている組織の一つがICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)で、先日神戸で日本では2回目の国際会議が開催された。

IPアドレスは大事なインターネット資源

 IPアドレスはインターネットにとって大事な資源であり、現在のIPアドレスはIPv4という規格を利用しているが、あまりにも利用者が増えたため足りなくなりつつある。そこで新規格であるIPv6への移行もかなり前から進められている。

 IPアドレスを世界中で公平に分配するため、さまざまな管理組織が運営されている。全世界のIPアドレスを管理するのが「IANA(Internet Assigned Numbers Authority)」、アジア全体では「APNIC(Asia-Pacific Network Information Centre)」、そこから委任される形で日本では「JPNIC(Japan Network Information Center)」が管理を行っている。

日本におけるIPアドレスの管理
日本におけるIPアドレスの管理

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]