アステラス製薬、クラウド型コンタクトセンターを採用--在宅勤務でも利用開始

NO BUDGET

2019-05-09 10:24

 アステラス製薬は、クラウド型コンタクトセンター「Genesys PureCloud」を採用した。ジェネシス・ジャパンが4月24日に発表した。

 アステラス製薬では患者やその家族、医療関係者から年間およそ10万件の問い合わせに対応している。今回のコールセンターシステムの刷新は、従来利用してきた構内交換機(PBX)を中心としたオンプレミスシステムの更改時期が迫ってきたことを背景としている。

 PureCloudは、2015年にサービスを開始した統合型のオールインワンソリューションで、マイクロサービスアーキテクチャーを採用している。

 製品選定では、電話の増設などのシステムの拡張性や将来に向けたオムニチャネル機能の拡張性、場所を問わず災害時にも対応を可能とする事業継続性を満たすことが要件となっていた。

 PureCloudについて、同社では、パブリッククラウド型であるため、電話対応を行うメディカルコミュニケーターが自宅でも問い合わせ業務を行え、柔軟性の高いセンター運営を実現できることなどを評価している。

 同社では既に一部の社員がPureCloudによる在宅勤務を開始している。在宅で業務を行う際は、PureCloudのユニファイドコミュニケーション機能を使って、受電する端末をスマートフォンに切り替えることで、電話対応を可能にしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]