編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

2019年発売の全てのChromebookがLinux対応に

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-05-14 10:48

 Googleは5月7日から9日まで開催した「Google I/O」で、「2019年発売の(Chromebook)はそのままの状態でLinuxが使えるようになる」と述べた。どういうことなのか?

 2018年、Googleは「Chrome OS」でLinuxが利用できるようになると発表した。それ以降、Linuxが動くChromebookデバイスは増えている。今後、全てのデバイスで動くようにしていく、というのが今回の内容だ。これにはARMとIntelの両方が含まれる。

 Chrome OSはLinux上に構築されているので、Chrome OSでLinuxが動くと聞いても驚きには値しない。Chrome OSはUbuntu Linuxのスピンオフとしてスタートし、その後Gentoo Linuxに移行した。そして、純粋なLinuxカーネル上にGoogle独自のものを構築した。しかし現在も、インターフェースはウェブブラウザ「Chrome」のUIのままだ。

  以前は、オープンソースソフトウェアの「Crouton」を使えば、chrootしたコンテナの内部で「Debian」やUbuntu、「Kali Linux」を実行することはできた。あるいは、Chromebook専用に作られた「Xubuntu」ベースのサードパーティー製Linuxである、「Gallium OS」を使う手もあった。しかし、どちらも技術に詳しくない人には向かなかった。

 今はこれが簡単になった。Search/Launcherキーを押してChrome OSアプリスイッチャーを開き、「Terminal」と入力する。これによりTermina VMが起動し、Debian 9 "Stretch"の Linuxコンテナが動く。

 Debian Linuxはこのように簡単だが、Ubuntuはどうか?こちらはそう簡単ではないが、いくつかのシェルコマンドによりUbuntuを動かすことは可能だ。FedoraもChrome OSで動かすことはできる。Chrome OSでLinuxを動かす方法については、RedditにあるCrostiniのページに詳細がある。

 ChromebookノートPCの上でのLinuxは起動時にどのOSを利用するかを選択デュアルブートオペレーションではなく、両方のOSが同時に動いている。つまり、Chrome OSのファイルマネージャー経由でドキュメントファイルをクリックし、Linuxセッションを開始することなくLibreOfficeで開くなどのことができる。

 実際、最新のChrome OSのCanaryリリースには、ファイルマネージャを使ってChrome OS、Google Drive、Linux、そしてAndroidの間でファイルを共有できる機能が加わっている。

 そのとおり、Androidもだ。Chrome OSは、以前からAndroidアプリにも対応していた。Chrome OSの最新のアルファ版では、Androidとの互換性が大きく向上している。

提供:sjvn
提供:sjvn

 また、ポートフォワーディングによってLinuxとChrome OSのネットワークサービスを接続することもできる。これは例えば、Linuxコンテナの中でウェブサーバーを実行し、同じマシンでそのサーバーをデバッグできるということだ。

 これはどんなときに便利なのだろうか。開発者であれば、答えは明白だ。これがあれば、1つのプラットフォームで、3つのOS向けに開発を行うことができる。例えば、Chrome OSに「Android Studio」をインストールするのもずっと簡単になる。

 Chrome OS 77では、Androidスマートフォン向けのセキュリティ機能付きUSBにも対応している。このため、どんなAndroid開発者向けChromebookラップトップでもAPK(Android Application Package)ファイルを開発、デバッグ、プッシュすることができる。

 3つのOSを同時に実行できるChromebookは一般ユーザーにとっても非常に便利なはずだ。例えば、Linuxの「GIMP」を使って画像を編集し、Androidの「Pinterest」を使って写真を見ながら「LibreOffice Writer」を使って文章を書き、同時にChrome OSで「Gmail」をチェックするなどということも可能になる。

 AndroidやLinuxが使えるChromebookのラップトップは、これまでよりもずっと便利になる。Linuxがあらかじめ組み込まれたChromebookが数多く世に出れば、その年がLinuxデスクトップ元年になるだろう。それは2019年かも知れない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]