特殊詐欺対策の実証実験に見る「NTTグループ再編の布石」 - (page 2)

松岡功

2019-05-16 07:00

NTTグループ再編の中で気になる東西会社の行方

 今回、この実証実験を取り上げたのは、NTTグループの4社が共同で取り組むからだ。実は、NTTグループは今、大掛かりな再編の真っ最中で、今回の動きも関連があるのではないかというのが、筆者の推察である。

 NTTグループ再編の動きを説明しておくと、NTTがグローバル事業の強化に向けて、グループ内の再編を実施すると発表したのは2018年8月。その後、NTT持ち株会社傘下に新たにグローバル持ち株会社を設立し、その傘下に、NTTコミュニケーションズ、NTTデータ、南アフリカのDimension Data、NTTセキュリティ、NTT Innovation Institute(NTTi3)の5社を移管した。

 また、NTTコミュニケーションズ、Dimension Data、NTTセキュリティ、NTTi3の4社については、2019年7月をめどに、国内と海外(グローバル)に分けて事業再編する。東証一部に上場しているNTTデータについては、現在の経営形態のままグループ各社との連携を図り、同社の経営の独立性やブランドを維持するとしている。これら一連の動きを新設の組織も含めて描いたのが、図2である。

図2:NTTグループ再編の動き(出典:NTTコミュニケーションズ)
図2:NTTグループ再編の動き(出典:NTTコミュニケーションズ)

 そして筆者が注目しているのは、2019年7月以降の国内事業の再編に、NTT東日本とNTT西日本のいわゆる東西会社、さらにはNTTドコモがどのように関係してくるかだ。

 とくに、固定電話の契約減が続く東西会社をどう再編するかは、NTTグループの喫緊の課題となっている。両社ともそれぞれにリストラを進めているが、それとともに今後の展開で重要なのは、両社の特性やリソースをどう生かすかだろう。

 今回の動きは、電話による特殊詐欺の対策ということで4社が共同で実証実験を行うことに違和感はないが、共有する技術やサービスが連携を深めていくと考えれば、今後のグループ再編の布石とも見て取れそうだ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]