編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

千代田化工建設、統合型データバックアップ基盤を構築--初回が3時間から3分に

NO BUDGET

2019-05-22 09:58

 千代田化工建設は、データバックアップの基盤として「Veeam Availability Suite Enterprise Plusソリューション」を採用した。ヴィーム・ソフトウェアが発表した。

 同基盤は、千代田化工建設の勤怠管理システムで運用されている。同社は、2016年春にデータセンターにサーバーを統合し、統合仮想化基盤に移行、バックアップには複数の種類のソフトウェアを使用していた。しかし、バックアップ基盤のサイロ化による運用の非効率化やバックアップの取得そのものに時間がかかるなどの課題が発生していたため、統合バックアップ基盤の構築が急務となっていた。

 「Veeam Availability Suite Enterprise Plusソリューション」について同社では、製品のパフォーマンスやシンプルで使いやすいインターフェースに加え、ヴィーム・ソフトウェアのサポー ト体制、Oracleの「Recovery Manager (RMAN)」 への対応などを評価し採用に至った。

 導入後は問題なく稼動しているという。バックアップ時間も当初使っていたソフトウェアでは、新サーバーの初回バックアップに最大約3時間を要したが、現在は約3分で完了するようなった。また、同時並列でバックアップを走らせることができるため、システム単位でバックアップウインドウを調整するといった工数が大幅に削減できた。

 同社では既存のバックアップシステムも「Veeam Availability Suite Enterprise Plusソリューション」に入れ替えていく計画を進めている。将来的には、海外子会社のデータにも適用させていく予定だ。

 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]