レッドハットが"Shadowman"ロゴを刷新した理由--時代の変化を受け約20年ぶり

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2019年05月25日 08時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 Red Hatがその象徴的なロゴ「Shadowman」を考え出したのは数十年前になる。時代は変わり、Linux企業も変わる。Red Hatの最高経営責任者(CEO)であるJim Whitehurst氏は次のようにツイートする。「26年前、@RedHatはLinuxベースのオペレーティングシステムのパッケージを持ってデータセンターに“潜入”した向こう意気の強い新興企業だった。今日では、エンタープライズハイブリッドクラウドのためのオープンソースソリューションプロバイダーとして世界をリードしている。われわれは進化してきた。企業のロゴも同様だ」

 Red Hatによる今回の動きは、同社がIBMに買収されたからと考えるかもしれないが、そういうわけではない。新しいロゴが青い帽子になることは決してなかった。Red HatのオープンソースエバンジェリストであるRich Bowen氏はこのようにツイートする。「IBMによるRed Hatの買収が発表された(2018年)10月以降、カンファレンスでは次のような質問が頻繁に寄せられた。1つ目は“ロゴは青い帽子になるのか?”、2つ目は“もしくは紫色になるのか?”、3つ目は“そのナイフで何をしようとしているのか”」

Red Hatの旧ロゴ
Red Hatの旧ロゴ

 毒のあるジョークはさておき、本当の理由は2017年の時点で明かされている。Red Hatのエグゼクティブバイスプレジデント兼最高マーケティング責任者(CMO)であるTim Yeaton氏はこのように説明する。「2017年初頭の調査で、人々はShadowmanに対して“Sinister(不吉)”“Secretive(秘密主義)”“Evil(悪)”“Sneaky(コソコソしている)”というイメージを持っていることが判明した。これらの回答者はRed Hatについて何も知らなかったかもしれないが、影に潜む男というのは即座に信頼を呼び起こすものではないと判断した。この調査結果で、回答者らは、ロゴの人物は誰で、何をしているのか疑問を感じていた」

 筆者はShadowmanが大好きだし、Red Hatの共同創設者であるBob Young氏とMarc Ewing氏が、Young夫人の小さな縫製部屋で創業した当時からこの業界にいる。変化の時期が来たのは明らかだ。

Red Hatの新ロゴ
Red Hatの新ロゴ

 そのため、Yeaton氏によると、オープンソース企業のRed Hatはおよそ20年ぶりに、「オープンにRed Hat流のやり方」で自社ロゴを刷新することを決断した。これは「Open Brand Project」と呼ばれている。

 その結果について、Yeaton氏は次のように考えている。「Red Hatの進化を反映させた。つまり、Linuxベースのオペレーティングシステム(マグカップを持ってTシャツ姿だったことは言うまでもない)でデータセンターに“潜入”した向こう意気の強い新興企業から、エンタープライズハイブリッドクラウド環境のためのオープンソースソリューションプロバイダーとして世界をリードする企業へと変わった。ミッションクリティカルなソリューションを開発・実行しようと世界の大企業や代理店と共同で日々作業している人たちがいる。われわれは本当に影から抜け出したのだ」

 技術的に見ても、新しいロゴはうまく機能している。Red Hatの古いロゴは、特にスマートフォンなどの小型端末において、デジタル形式でうまく描写されないことがあった。

 個人的には、やはり筆者はShadowmanが好きだし、Red Hatの新しいロゴはやや単調に感じなくもないかもしれない。その一方で、Red Hatは自社がLinuxとオープンソースの優良企業であると筆者に納得させる必要はない。筆者は既にそのことを知っているからだ。ただし、手掛かりのない人たちにとっては、状況が異なる話だ。

 もしLinus Torvalds氏がこの記事を読んでいるのであれば、Tux(Linuxのマスコットのペンギン)を削除しないでほしい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]