編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ
調査

2019年度の国内ブロックチェーン活用サービス市場規模は171億円に--矢野経済研究所調査

NO BUDGET

2019-05-29 12:18

 矢野経済研究所は、国内ブロックチェーン活用サービス市場に関する調査結果を発表した。

 これによると、2019年度の同市場規模(事業者売上高ベース)は、171億5000万円となる見込みで、2022年度には1235億9000万円に達すると予測される。2017〜2022年度の5年間の年平均成長率(CAGR)は108.8%。

 
国内ブロックチェーン活用サービス市場規模推移予測
国内ブロックチェーン活用サービス市場規模推移予測

 矢野経済研究所は、同市場について、2017年後半〜2018年にかけては金融機関にとどまらず、幅広い業界においてサプライチェーンや権利証明など、ブロックチェーン技術を応用した実証実験を積極的に実施し、その活用可能性を見出しつつあるとしている。

 また大手IT事業者を中心に、ブロックチェーン基盤からアプリケーションの構築まで支援するBaaS(Blockchain as a Service)ソリューションの提供が始まっており、ブロックチェーンの積極的な活用に向けた技術的な支援体制が整いつつあるとした。さらに2019年度以降、商用化に向けた効果検証フェーズや本格的な商用化フェーズへと進む案件が増えていくと予測している。

 同社では、現在、欧米を中心に多くの事業者を取り込んだ組織によるブロックチェーン活用に向けた実証実験が進められているが、世界的な事業展開を行う上での存在感(プレゼンス)を高めるためにも、日本発のブロックチェーンコンソーシアムの立上げが期待されるとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]