ファイル転送市場、微減も今後は成長傾向--無償サービスに広がる懸念が追い風

藤代格 (編集部)

2019-05-30 06:45

 アイ・ティ・アール(ITR)は5月28日、国内のユーザー間ファイル転送市場の規模の推移と予測を発表した。2017年度の売上金額は前年度比3.8%減の40億9000万円。SaaSが9.6%増と順調な伸長が見受けられた一方、パッケージは21.0%減と大きく落ち込んだ。

 ユーザー間ファイル転送を“作業環境から取引先相手など、ファイルの送信、受信のいずれも主体がユーザーである製品、サービス”と定義。メールの添付ファイル、USBメモリーなどの記録媒体を活用したファイル授受に代わり、安全かつ高速に大容量ファイルを受け渡すための手段として一定の需要があるという。

 個人向けの無償サービスにセキュリティ面での懸念が広がりつつあり、シャドーIT対策、PC利用環境統制の一環として有償製品、サービス導入の機運が高まっているという。

 一方、小容量や低機密性ファイル、受け渡しに高速性が必要ないなど、オンラインファイル共有製品、サービスで対応できる場合もあるという。

 プロモーションや営業活動を特定の業種や業態に限定しているベンダーも多く、ニッチ化傾向。2017年から2022年にかけての年平均成長率(CAGR)を8.2%と予測している。

2016~2022年度、提供形態別ののユーザー間ファイル転送市場規模推移および予測(出典:ITR)
2016~2022年度、提供形態別ののユーザー間ファイル転送市場規模推移および予測(出典:ITR)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]