編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
松岡功の一言もの申す

注目度高まる「マルチクラウド」の課題にも目を向けよ

松岡功

2019-05-30 10:30

 企業のITシステムは将来的に、複数のクラウドを連携させる形になるのではないか、との見方から「マルチクラウド」の注目度が高まっている。ただ、どうも都合のいい言葉として使われているような気がしてならない。今後、環境を整備していかなければならないのなら、今の段階で課題にもしっかりと目を向ける必要がある。果たして、どんな課題があるか。

IIJがマルチクラウド関連サービスを発表

 インターネットイニシアティブ(IIJ)が先頃、マルチクラウドに関連する新サービスを発表した。顧客サイトとGoogleのクラウドサービス「Google Cloud Platform(GCP)」間を、IIJの専用プライベートネットワークを介して閉域網で接続する「IIJクラウドエクスチェンジサービス for GCP Partner Interconnect」と呼ぶサービスである。

 このサービスを利用すれば、自社ネットワークからGCP上のリージョンまで、インターネットを介さずIIJのセキュアな閉域環境で接続できる。「IIJクラウドエクスチェンジサービス」ではかねて、同社のIaaS型サービス「IIJ GIOインフラストラクチャーP2」や「Microsoft Azure」「Microsoft Office 365」、「Amazon Web Services(AWS)」と顧客サイト間の閉域接続サービスを提供してきた。

 さらに、今回のサービスの追加により、顧客は安全かつシームレスなネットワーク環境下で、GCPや各クラウドの特性に応じたクラウドサービスを選択して、マルチクラウド環境を柔軟に構築できるようになるとしている。

 発表会見では、IIJの四倉章平システムクラウド本部サービス統括部アライアンス担当部長と、小野原雄平ネットワーククラウド本部ネットワークサービス課長が説明に立った。

IIJの四倉章平システムクラウド本部サービス統括部アライアンス担当部長(左)と、小野原雄平ネットワーククラウド本部ネットワークサービス課長
IIJの四倉章平システムクラウド本部サービス統括部アライアンス担当部長(左)と、小野原雄平ネットワーククラウド本部ネットワークサービス課長

 四倉氏は今回のサービスにおけるIIJの優位性について、「IIJのネットワークにつなげば、ご利用中の通信キャリアはそのままAWS、Microsoft AzureおよびOffice 365などのさまざまなクラウドサービスへ接続できる」ことを改めて強調した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]