編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Edgecross コンソーシアム、Edgecrossの新たなインターフェースを公開

NO BUDGET

2019-05-30 13:55

 Edgecross コンソーシアムは、「Edgecross」とクラウドなどのさまざまなITシステムとの接続容易性を向上するための新たなインターフェース「IT ゲートウェイインタフェース」を5月31日より公開すると発表した。

 「Edgecross」は、オープンなエッジコンピューティング領域のソフトウェアプラットフォームで、同コンソーシアム会員企業が開発したもの。また同時に、「IT ゲートウェイインタフェース」が容易に開発可能となる開発キット「IT ゲートウェイ開発キット(GDK)」と、同インターフェースに対応したEdgecross基本ソフトウェアの新バージョンを、Edgecroossのマーケットプレースでリリースする。

IT ゲートウェイインタフェースの位置づけ
IT ゲートウェイインタフェースの位置づけ

 これにより、ユーザー企業は、会員企業が開発したITゲートウェイを入手し、活用することで、IT システムとの接続自由度が増し、エッジコンピューティングを軸としたより付加価値の高いバリューチェーンの構築が可能となる。

 Edgecross 基本ソフトウェアの価格は、1ライセンス当たり9万8000円、ゲートウェイ開発キット(GDK)も同額となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]