AWS、機械学習を利用したテキスト抽出サービス「Amazon Textract」をGAに

Stephanie Condon (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2019-05-31 10:40

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間5月29日、「Amazon Textract」の一般提供(GA)を開始したと発表した。これは、機械学習(ML)を利用し、テーブルやフォームを含むドキュメントから、テキストやデータを自動的に抽出するフルマネージド型のサービスだ。Textractは、同社の年次イベント「re:Invent 2018」で発表された一連の人工知能(AI)活用ツール/サービスの1つであり、MLの専門知識がなくても利用できる。

 AWSの最高経営責任者(CEO)Andy Jassy氏はre:Inventで、従来のOCRは「言葉をそのまま読み取るだけで」でそこから有益な情報を取り出すことはできなかったと述べていた。Textractは高機能なOCRサービスだ。例えば、表が入った文書を見て、行と列に整理されたデータを認識できる。同氏は、「(Textractは)表があることを突き止めて、ユーザーがその情報を利用したり、読んだりできるように、その表をあるべき姿にレイアウトしてくれる」と説明していた。

 TextractのAPIは、スキャナー出力やPDF、写真などの複数の形式をサポートしている。また、顧客はこれを「Amazon Elasticsearch Service」「Amazon DynamoDB」「Amazon Athena」などのデータベースやアナリティクスサービス、「Amazon Comprehend」「Comprehend Medical」「Amazon Translate」「Amazon SageMaker」などの機械学習サービスとともに利用できる。

 これまでに、The Globe and Mail、PwC、Healthfirst、UiPath、TeraDact、Ripcord、Blue Prism、Alfrescoなどの顧客やパートナーがTextractを利用している。

 Textractは現在、米国東部(オハイオ)、米国東部(バージニア北部)、米国西部(オレゴン)、欧州(アイルランド)で提供されている。2020年にはさらなるリージョンでも提供される予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]