海外コメンタリー

スポーツで活用されるAI--IBM Watsonがサッカーチームにもたらした真の成果とは - (page 2)

Mark Samuels (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2019-06-14 06:30

 この実験のタイミングは、同クラブにとってチャンスだった。リアザーヘッドFCは、2018年の夏に混乱を経験していたからだ。同チームでは、選手が大きく入れ替わり、McCarthy氏を含む新たなマネジメントチームが任命されたところだった。同氏はAIを使った実験の可能性について初めて聞かされたとき、確信を持つことはできなかったと認める。

 「私は、チームがAIをどう使えるかについても、どんなメリットがあるかについても懐疑的だった」と同氏は言う。「実際に試してみると、正しい方法で使えさえすれば、素晴らしいツールになることが分かった。われわれには対処が必要な人間関係の課題があり、このツールは選手へのフィードバックを選択する際の手助けに使われている」

McCarthy
McCarthy氏
提供:IBM/Ben Broomfield

 Watsonは、2つの形でサッカーに関するビッグデータの分析に使われている。「Watson Discovery」は試合のレポートとソーシャルフィードを調べて情報を収集し、対戦相手を分析して、最近の試合に関する重要なポイント(例えば選手や戦術など)の最新情報を提供する。

 一方「Watson Assistant」は、リアザーヘッドFCのスタッフや選手が自然言語を使って簡単な質問をし、詳細な情報を受け取るための対話型インターフェースを提供している。例えば、同クラブのストライカーによる最近の枠内シュートについて尋ねれば、IBMが試合中に録画したすべてのビデオクリップと、関連する主要なデータが自動的に提供される。

 システムを開発したPavitt氏は、「AIは単なるブラックボックスではない」と理解することが重要だと述べている。AIを生かすには、パス成功率やタックル成功率などのファクトがなぜ重要なのかを教え込む必要があるという。こうした指標がパフォーマンスの改善につながることを、AIに教えてやらなくてはならない。

 サッカーの専門用語も課題の1つだ。IBMは、Watsonに文脈に応じたサッカー用語(例えばコーナーキックやフリーキック)を覚えさせなくてはならなかった。McCarthy氏は、このシステムを使い始めた頃には問題もあったと述べている。「この技術を使い始めた頃には、用語が大きな問題だった。自分たちはこのツールに何をやらせたいかを知っていたが、Watsonはその言葉を理解できなかった」と同氏は言う。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]