編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

企業におけるセキュリティインシデント--27%はパッチの未適用が原因

Steve Ranger (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2019-06-05 11:48

 セキュリティ企業TripwireがITプロフェッショナル340人を対象に実施した調査の結果によると、回答者の27%はパッチを適用していなかった脆弱性が原因で自社システムがサイバー攻撃の被害に遭ったという。なお、欧州企業に限ると、その割合は34%となっている。

提供:Image: Tripwire
提供:Image: Tripwire

 まず、パッチの適用対象を見つけ出すことが難題となっているようだ。回答者の59%は、ネットワークに接続された新たなハードウェアやソフトウェアを数時間以内に見つけ出せると答えているものの、回答者の35%は自動的に発見できるものは半分以下だと答えており、パッチ適用対象の洗い出しが多くの企業にとって面倒な手作業となっていることが浮き彫りになった。

 また、セキュリティパッチの公開から適用までの期間に関する質問では、即座に適用するとした回答者は9%、1週間以内に適用するとした回答者は49%であり、全体でみると90%以上が一般的に1カ月以内に脆弱性を修正するという結果になっている。一方、月あたりのパッチ適用件数で見た場合、10件未満が40%、10〜50件が29%となっている。また、脆弱性の公開を受けて製品の使用を中止したことがあるという回答は80%にのぼっている。

提供:Image: Tripwire
提供:Image: Tripwire

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]