「リスク回避になっていた」--再び上場企業となったDellの次なる戦略

末岡洋子 2019年06月06日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 DellによるEMCの買収から約3年が立ち、Dell Technologiesがファミリー企業の統合を進めつつある。中でもVMwareは、クラウド戦略の柱として製品への組み込みが進んでいる。5月に米国ラスベガスで開催された「Dell Technologies World 2019」では、それを強く感じることができた。

VMwareとの関係は緊密に

 2019年のDell Technologies Worldには、122カ国から1万5000人が参加登録し、過去最大となった。基調講演で会長兼CEO(最高経営責任者)のMichael Dell氏は、「Better Together」として製品の統合を発表した。Dellは2016年のEMC買収以来、「デジタル時代に不可欠なインフラ技術を提供する」として、ファミリー企業(Dell、Dell EMC、Pivotal、RSA、Secureworks、Virtustream、VMware)にそれを実現する技術がそろっているとしてきた。このところの方向性は、これらを統合することでより消費しやすいソリューションに昇華させるというものだ。そこでは仮想化技術を持ち、プライベートクラウドで使われているVMwareは重要な技術となる。

Michael Dell氏(左)とPat Gelsinger氏
Michael Dell氏(左)とPat Gelsinger氏

 そのVMwareでCEOを務めるPat Gelsinger氏は、2日連続でDell Technologies Worldの基調講演に登場、2日目の基調講演では15分を費やして、VMwareの戦略を説明した。ファミリー企業の中では、VMwareだけという特別扱いだ。

 だが、DellとVMwareの接近は多少の時間を要した。DellがVMwareを含むEMCを670億ドルで買収するという計画を発表した直後、Dell氏とGelsinger氏は、Dellのイベントで、そしてVMwareのイベントで、買収後のVMwareの独立性を何度も強調した。今回のDell Technologies Worldではトーンは完全に変わり、「独立性」という言葉はステージ上ではなかった。発表された製品の多くにVMwareが関係しており、VMwareの戦略をDell Technologies Worldの基調講演で行ったのも自然と言える。

 このような統合強化について、初日にプレスの会見に応じた最高財務責任者(CFO)のTom Sweet氏は、「Dell Technologiesとは何か、何をするのか、どうやって差別化を図るのかにたくさんの時間を費やしている」と述べた。ファミリー企業のトップは定期的に集まり、それぞれの視点での課題とチャンスを話し合っており、そこから統合ソリューションにつながるという。「どうやってファミリーの技術を合わせてユニークなポジションを提供するか、そこが魔法」とSweet氏。そこでの重要な物差しが、「顧客がビジネスを変革したり差別化したりすることを支援する技術とはどのようなものか?」だという。

Dell Technologies 最高財務責任者のTom Sweet氏
Dell Technologies 最高財務責任者のTom Sweet氏

 イベント中、Dell EMCの社員からも、あからさまの統合アピールに驚いたという声は聞かれた。だが、Dell EMCで戦略とプランニング担当シニアバイスプレジデントを務めるMatt Baker氏は冷静に、「VMwareと協業しているが、HPE(Hewlett Packard Enterprise)もVMwareと協業している。われわれはレベルが違うかもしれないが、VMwareは独立した組織であり、VMwareの深く、広いエコシステムは戦略的に重要だ」と述べ、VMwareの独立性が重要であることを示唆した。

 現在、Dellは約80%のVMwareの株式を所有する。Michael Dell氏のグループ取材では、「VMwareが公開企業である意味はあるのか?」という声も聞かれた。これに対しDell氏は、「VMwareを完全子会社化する計画はない」と言い切った。そして、Baker氏同様に、VMwareの成功の理由が独立したエコシステムの上に成り立っているとし、これを維持することは重要だという見解を示した。「VMwareが技術業界全てにとって独立したリソースであることは大切なことだ」(Dell氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
“真FinTech” 地域金融の行方
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
スペシャル
デジタル時代を支える顧客接点改革
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
エンタープライズトレンドの読み方
10の事情
座談会@ZDNet
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]