インターコム、給与明細配信SaaSの新版--弥生やアマノなどの給与計算に対応

藤代格 (編集部)

2019-06-10 07:15

 インターコム(台東区)は6月7日、開発、販売する給与明細配信SaaSの新版「Web給金帳Cloud Ver.2.2」を発表した。給与計算ソフト「弥生給与」などに対応する。同日から提供する。

 紙の明細書と同じレイアウトのPDFを配信可能で、「TimePro-XG」、「ARDIO」のほか、給与データをCSV出力できるその他の給与計算ソフトへの対応も追加。あらゆる給与計算ソフトに対応した新バージョンになるとしている。

 あらゆるオフィス文書を対象の従業員へ一括配布可能。公開対象者を限定した資料配付もできる。電子化でペーパレスを実現、コストを削減しつつ、毎月の明細作成、配布といった担当者の手間と時間を削減するとしている。

 従業員はPC、スマートフォンに対応する専用ページへのログインでファイルを自由に閲覧可能。PCがない従業員でもスマートフォンでの資料閲覧が可能になる。

使用イメージ(出展:インターコム)
使用イメージ(出展:インターコム)

 Web給金帳Cloudは、給与明細配信ソフトウェア「Web給金帳 V3」のクラウド版。対応を追加した弥生、アマノ、三菱電機ビジネスシステムのほか、従来からOBC、PCA、応研などの給与計算ソフトに対応している。

 1人あたりの税別利用料金は、配信人数10~99人の場合、月額220円、年額2500円、5年で1万2000円。100~199人の場合、月額130円、年額1500円、5年で7000円。200~299人の場合、月額85円、年額950円、5年で4500円。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]