編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

シナプスイノベーションとNTTデータ・ビズインテグラル、製造業の業務プロセス改善を強化

NO BUDGET

2019-06-11 17:12

 シナプスイノベーションとNTTデータ・ビズインテグラルは、生産管理を中心とする製造業向けソリューション「J WALD(ジェイ バルト)」と、ERPパッケージソフトウエア「Biz∫(ビズインテグラル)」を連携し、製造業の業務プロセス改善に向けた提案を強化すると発表した。

 シナプスイノベーションが開発・販売する「J WALD」は、生産管理、原価管理、販売購買管理機能を有し、一つのシステム環境上で多種多様な品目、ライン、工場、グループ会社の生産管理などが行える。NTTデータ・ビズインテグラルが開発・販売する「Biz∫」は、一般会計をはじめ、債権債務、固定資産、人事給与などの基幹業務アプリケーションを搭載し、会計では複数会計基準やグループ間取引の相殺、外貨・手形など多様な会計処理に対応する。

 これらの連携によって提供されるソリューションは、各製造現場の情報(生産状況・原価・販売・購買・在庫など)と会計情報(財務会計・管理会計)、各マスタ情報(取引先など)が連携され、IoT技術をもとに工場設備のデータを集約し、生産情報と紐づけ・可視化・分析することが可能になる。

ソリューションの構成
ソリューションの構成

 今回の連携では、「J WALD」で計上された売上・仕入データが「Biz∫」の債権債務モジュールへタイムリーに仕訳連携され、「J WALD」と「Biz∫」で統一管理が必要なマスタ(取引先・部門・組織・従業員など)は、同期または「Biz∫」で登録された情報を「J WALD」が参照する形になる。また「Biz∫」で管理している債権残高・債務残高がタイムリーに「J WALD」へ連携される。

 IoT対応では、「J WALD」が工場の設備(PLC)やセンサーと連携し、製造の実績入力、報告業務を自動化・リアルタイム化・精緻化することが可能だ。データ分析では、「J WALD」の生産管理・原価などのデータ、「Biz∫」の財務データ、さらに様々なメーカーの設備、センサーのデータを集約し、ダッシュボードで可視化することができる。その際、経営層から営業、製造現場まで、役割ごとの意思決定および業務改善のためのテンプレートが提供される。

導入効果
導入効果

 両社は、この連携ソリューションについて、生産管理・販売購買・会計までの一連の業務プロセスデータを可視化したい企業や、事業ごとに異なる生産管理システムを利用しているため、全社・グループ全体でのデータ一元化が困難・急務となっている企業などに推奨していく。「J WALD」および「Biz∫」は、いずれも業務モジュール(機能)別・利用ユーザ数別でのライセンスが購入が可能。導入企業に必要な機能・必要なユーザ数からスモールスタートし、段階的に拡張していくことができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]