編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

サイトコアが提供する「究極のデジタルマーケティング」とは

松岡功

2019-06-13 07:00

 本連載では、筆者が「気になるIT(技術、製品、サービス)」を取り上げ、その概要とともに気になるポイントを挙げてみたい。今回は、サイトコアが提供するウェブコンテンツ管理(WCM)ソフトウェア「Sitecore Experience Platform(Sitecore XP)」と、デジタル資産管理(DAM)のSaaS型サービス「Sitecore Content Hub」を取り上げる。

デジタル資産管理のSaaS型サービスを提供開始

 「当社の製品群で、お客さまが最高レベルのカスタマーエクスペリエンスを提供できるデジタルマーケティングを展開できるようにご支援していきたい」

 デジタルマーケティング関連ツールを手掛けるデンマークのSitecoreの日本法人であるサイトコアの酒井秀樹代表取締役は、同社が先頃開いた新製品の発表会見でこう力を込めた。

 同社が発表した新製品は、マーケティングに関連するさまざまなコンテンツの生成や、その際の作業フローおよび承認プロセスの管理、そのコンテンツのライフサイクル管理、さらに著作権管理も行えるようにしたデジタル資産管理(DAM)のSaaS型サービス「Sitecore Content Hub」である。(図1)

図1:デジタル資産管理(DAM)の概要
図1:デジタル資産管理(DAM)の概要

 このSitecore Content Hubは、Sitecoreが2018年11月に買収したベルギーのソフトウェアベンダーStylelabs(スタイルラブス)社が手掛けていたDAM製品をSitecoreブランドとしてこのほど提供開始したものである。

 SitecoreがDAM製品を新たに提供することにした理由は大きく2つある。

 1つは、マーケティング分野において“個客”の趣味趣向や関心に合わせたデジタル体験を演出する「パーソナライズ」化の重要性が高まってきたからだ。パーソナライズ化に対応するため、企業のマーケティング部門は多くの時間と手間をかけてコンテンツを作成し、ウェブサイトをはじめ多種多様な顧客との接点(タッチポイント)にそれを配信してカスタマーエクスペリエンスを高めようと悪戦苦闘しているのが実情だ。Sitecore Content Hubはその作業を支援するものである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]