編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ
日本株展望

日銀が買いまくって支えている日本株、日銀が買わないとどうなる?

ZDNet Japan Staff

2019-06-12 11:02

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 日銀の日本株保有額がついに25兆円を超える
  2. 2019年も日銀が日本株の最大の買い手
  3. 2017年も2018年も日銀が最大の買い手だった
  4. 日銀の買いがなかったら日経平均はもっと安い水準にとどまったか
  5. 日銀は個人投資家の買いの機会を奪っただけ
  6. 日銀はいずれ年6兆円規模の買い付け額を縮小しなければならなくなると予想
  7. 日銀が買いを止めるとどうなるか

 これら7点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

日銀の日本株保有額がついに25兆円を超える

 日本株市場で日本銀行の存在がどんどん大きくなりつつある。日銀は今、日本株ETF(上場投資信託)を年間6兆円のペースで買い付けている。売りはせず、買いだけである。累積買い付け額はついに25兆円を超えた。

日本銀行による日本株ETFの累積買い付け額推移:2011年1月~2019年5月

出所:ブルームバーグのデータから楽天証券が作成
出所:ブルームバーグのデータから楽天証券が作成

 日銀はこれまで極めて分かりやすい買い方をしてきた。年間の買い付けペース(年6兆円)をほぼ守りつつ、日経平均株価が午前中に大きく下がった日に大口買い(703億円)を入れてきた。日経平均が上昇すると買いを減らし、「上値をけん引するのではなく、下値を支える」買い方を徹底してきた。

 日銀は2015年から買い付けペースを引き上げている。2015年は年3兆円(月間約2500億円)の買い付けを行った。2016年に入ってから年3兆3000億円(月間約2750億円)を買い付けした。2016年8月から買い取りペースをさらに大幅に引き上げ、年6兆円(月間約5000億円)とした。現在も6兆円のペースで買っている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]