JBS、「SAP HANA Enterprise Cloud with Azure」を採用へ

NO BUDGET

2019-06-13 06:00

 日本ビジネスシステムズ(JBS)は、「SAP S/4HANA」への移行に際し、「SAP HANA Enterprise Cloud with Azure」を活用し短期間でのマイグレーションを目指すと発表した。5月からプロジェクトを開始している。

 同社は独立系システムインテグレーターで、これまで2001年よりオンプレミス型のERP(統合基幹業務システム)である「SAP Business Suite」を運用していた。今回のマイグレーションは自社をリアルショーケースとする目的もある。

 「SAP HANA Enterprise Cloud」を「Microsoft Azure」で提供する統合サービス「SAP HANA Enterprise Cloud with Azure」を選択するメリットとして、SAP のベーシス/インフラの管理がクラウドで行えることや、「Microsoft Azure」の堅牢性を享受できることなどが挙げられている。また、マイクロソフトのソリューションを得意とする自社の強みを活かせることも採用のポイントとなった。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]