編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

コムスクエア、SaaS型RPA「robostein」--既存ロボットもパーツとして活用

藤代格 (編集部)

2019-06-13 07:15

 コムスクエア(中央区)は6月12日、自社開発のロボティックプロセスオートメーション(RPA)SaaS「robostein」を発表した。ロボット作成のほか、処理をつなぎ合わせた一連の自動化フローとして構築できるという。同日から提供する。

 ロボットを構築し、業務を自動化する一つの処理を“ノード”として実行できる。作成したノードはつなぎ合わせ可能で、一連の自動化フローとして構築できるという。

 ノードはrobosteinでの構築物に限らず、同社のRPAソフト「パトロールロボコン」のほか、「WinActor」や「BizRobo!」など4つの他社製RPAを設定できる。作成済のRPA資産を無駄にせず、統合的に管理、運用可能。誰が、いつ、どこに作ったかわからず、存在と行動が管理できない「野良ロボット」を監視、管理できるとしている。

フロー構築画面イメージ(出展:コムスクエア)
フロー構築画面イメージ(出展:コムスクエア)

 ノード実行数に応じた料金体系を採用。100ノードの場合、税別月額利用料は3万円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]