編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

千葉興業銀行、AIチャットボットを導入--公式サイトで活用

NO BUDGET

2019-06-13 10:03

 千葉興業銀行は、人工知能(AI)を搭載したチャットボットサービス「Collam(コラム)」を導入する。6月から開発に着手し、10月から同行の公式サイトで利用できるようにする予定。同サービスを提供するJSOLが6月10日に発表した。

 Collamは、三井住友銀行が日本マイクロソフトと共同開発したサービス。JSOLが製品化し、パブリッククラウド「Microsoft Azure」上で提供している。

 千葉興業銀行は、Collamを顧客からの照会対応業務に活用する。サービスの選定では、学習に必要なデータの準備や、新たな知識を登録するための作業など、人手のかかる作業をいかに減らせるかがポイントだった。

 Collamについては、システム自身が学習データを生成し、どのようなデータを登録するかを管理者に示唆するなど、運用負荷を大幅に軽減する仕組みが取り入れられていることが、採用の決め手となった。また、Microsoft Azureのサービスプラットフォーム(PaaS)として展開されており、短期間で導入が可能なことも採用理由として挙げられている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]