編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

日立、昇降機事業にVR技術を活用したエンジニア教育システムを導入

NO BUDGET

2019-06-13 10:36

 日立製作所と日立ビルシステムは6月12日、昇降機の保全に関わるエンジニア向けに、VR(仮想現実)技術を活用した体感型の教育システム(VR教育システム)を開発し、国内で正式運用を開始したと発表した。

 VR教育システムは、昇降路内への転落などの労働災害を疑似的に体感できるコンテンツを用意しており、エレベーターの保全作業の基本動作である「かご上への乗降方法」、最重要作業の一つである「ブレーキ分解整備作業」について実機のない環境でも作業手順を学習できる。

VR技術を活用した教育システム(左:安全体感教育、右:作業教育)
VR技術を活用した教育システム(左:安全体感教育、右:作業教育)

 両社は、昇降機やビル設備の施工・保全などに携わる技術者の教育拠点として、国内の亀有総合センター(東京都足立区)、中国4カ所のトレーニングセンター、2017年にタイに開設したアジアトレーニングセンターがある。

 日立は2018年1月以降、中国でVR教育システムの運用を開始していたが、今回国内向けのシステムを新たに開発し、2019年4月から正式運用を開始した。今回開発したVR教育システムは亀有総合センターで運用を開始し、今後、コンテンツの拡充を図るとともに、多言語化によるアジアトレーニングセンターへの展開、VRツールの国内外拠点への配布による遠隔教育などを推進していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]