編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

Raspberry Pi競合--開発者向けに高性能な「NanoPC-T4」を見る

ZDNet Japan Staff

2019-06-16 08:00

 FriendlyELECの「NanoPC-T4」は、「Raspberry Pi」よりも高性能な選択肢を探しているユーザーや開発者向けのシングルボードコンピュータ(SBC)だ。この最新モデルはサムスンの「Chromebook Plus」と同じシステムオンチップ(SoC)を採用しながら、価格はその数分の1だ。

 NanoPC-T4は「Rockchip RK3399」(2.0GHzデュアルコア「Cortex-A72」と1.5GHzクアッドコア「Cortex-A53」各1基を実装したBig.LITTLE構成のSoC)を搭載した100×64mmのSBCで、「Mali-T864」GPU、「4K VP9」および10ビットH.265/H.264ハードウェアビデオデコーダ、4GバイトRAM、16Gバイトのオンボードストレージを備える。

 そのほかに、ヒートシンク、無線アンテナ、電源アダプタ、アクリルケースがバンドルされて価格は119ドルだ。NanoPC-T4は、Raspberry Piの有名な35ドルという価格と比べてかなり高額だが、Piシリーズはボードのみの販売であり、ケースオプションや電源はサードパーティーのインテグレーターから別途購入する必要がある。

(本記事は、TechRepublic Japanで2018年5月31日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]