編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール
日本株展望

今週にも米利下げか--タンカー炎上の余波は?どうなる日本株?

ZDNet Japan Staff

2019-06-17 10:26

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 先週は、NYダウが5日連続高で4.7%上昇
  2. 中東ホルムズ海峡で13日、タンカー2隻が攻撃を受け炎上
  3. 6月19日のFOMCで米利下げあるか

 これら4点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

先週は、NYダウが5日連続高で4.7%上昇

 先週の日経平均株価は1週間で232円上昇し、2万1116円となった。先週は、米国の利下げ期待を背景にNYダウが堅調に推移し、日経平均や上海総合株価指数も小幅に上昇。ただし、米中貿易戦争が長期化する不安が続いており、上値は重いままである。

日経平均・NYダウ・上海総合株価指数の年初来の動き比較:2018年末~2019年6月14日

出所:楽天証券経済研究所が作成。2017年末の値を100として指数化
出所:楽天証券経済研究所が作成。2017年末の値を100として指数化

 6月10日に発動するとトランプ大統領が予告していた、メキシコからの輸入品への関税発動は、回避された。

 中南米からの不法移民がメキシコを経由して米国に流入することに対し、メキシコが防止策を取っていなかったことが、関税を発動する理由とされていた。メキシコがグアテマラとの国境に治安部隊を配置し、中南米からの不法移民の流入を阻止すると表明したことで、米・メキシコの対立激化は回避された格好である。

 一方、米国と中国の、貿易戦争・ハイテク戦争は、解決の糸口が見えず、長期化の様相を呈している。米中対立が原因で、半導体や電子部品などハイテク産業に悪影響が拡大。このまま対立が長期化すると、半導体や電子部品産業へのダメージが大きくなり、回復時期が遅れる可能性がある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]