編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
松岡功の一言もの申す

VMware Cloud on AWSはユーザーに何をもたらすか --AWSの事業責任者に聞いてみた

松岡功

2019-06-20 10:12

 Amazon Web Services(AWS)とVMwareが共同で事業展開しているサービス「VMware Cloud on AWS」(以下、VMC on AWS)は、ユーザーに何をもたらすのか。同サービスにおけるAWSの事業責任者であるRima Olinger氏が来日したのを機に話を聞いた。

VMware Cloud on AWSの最新動向

写真1:筆者の取材に応じるAWSのVMware Cloud on AWS事業責任者(Global Alliance Lead)であるRima Olinger氏
写真1:筆者の取材に応じるAWSのVMware Cloud on AWS事業責任者(Global Alliance Lead)であるRima Olinger氏

 「VMC on AWSは素晴らしい勢いで世界中のお客さまに受け入れられている。しかも企業規模にかかわらず、幅広い業種のお客さまに利用していただいている。私自身も非常にワクワクしながら世界中を駆け巡っている」

 Olinger氏に、VMC on AWSに対するユーザーの反響はどうか、と聞いたところ、満面の笑顔でこんなコメントが返ってきた(写真1)。

 今回は注目度の高いサービスであるVMC on AWSについて、AWSの事業責任者であるOlinger氏に取材する機会を得たので、このサービスがユーザーにもたらすインパクトについて話を聞いてみた。

 VMC on AWSは、AWSクラウドのベアメタル上でVMware環境を実現し、ハイブリッドクラウドの構築および運用を容易にするサービスである。両社は、2016年10月にこのサービスを開発することで戦略的提携を発表。2017年8月からAWSの米国西部のリージョン(データセンター群)を皮切りにサービスの提供を開始した(図1)。

図1:VMware Cloud on AWSのアーキテクチャ(出典:6月12〜14日に千葉・幕張メッセで開催された「AWS Summit Tokyo 2019」の展示会場にて筆者撮影)
図1:VMware Cloud on AWSのアーキテクチャ(出典:6月12〜14日に千葉・幕張メッセで開催された「AWS Summit Tokyo 2019」の展示会場にて筆者撮影)

 Olinger氏によると、現在は世界の14リージョンで展開しており、その中の1つとして2018年11月に東京リージョンでもサービスの提供が始まった。さらに2020年末までには、AWSの全世界21リージョンで展開する予定だ。

 ちなみに、Olinger氏はおよそ3年前にVMwareからAWSに移り、このサービスプロジェクトに当初から携わってきたキーパーソンである。取材の最初に「VMC on AWSのことなら何でも聞いてください」と語ったのが印象的だった。

 そんなOlinger氏にまず、VMC on AWSにおいて多く見られるユースケースはどのようなものか、聞いてみた。同氏は、「クラウドへの移行」「データセンターの拡張」「ディザスタリカバリ」「アプリケーションのモダナイゼーション」の4つを挙げた。このうち上位3つの内容については、下の図2を参照していただきたい。

図2:VMware Cloud on AWSのユースケース(出典:「AWS Summit Tokyo 2019」の基調講演にて筆者撮影)
図2:VMware Cloud on AWSのユースケース(出典:「AWS Summit Tokyo 2019」の基調講演にて筆者撮影)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]