編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
日本株展望

ツキジデスの罠?--大阪サミット以降のシナリオ別相場見通し

ZDNet Japan Staff

2019-06-21 11:06

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 「メード・イン・チャイナ時代」が終わりを告げる?
  2. 米中は「ツキジデスの罠(わな)」を回避できるのか
  3. 国内市場での株主還元トレンドにも要注目

 これら3点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

「メード・イン・チャイナ時代」が終わりを告げる?

 今週は、Trump米大統領がG20(28~29日)での米中首脳会談開催を示唆したことやFRB(米連邦準備理事会)やECB(欧州中央銀行)が金融緩和を示唆したことで日米株価は反発した。市場は、大阪サミットで米国が対米中首脳が会談に至らず、中関税第4弾を発動する可能性を不安視していた。

 USTR(米通商代表部)がワシントンで主催した公聴会(17日)では、米国の関連メーカーや小売業、各種業界団体の過半が「関税は増税」(Tariff is Tax)と主張して対中関税に反対姿勢を示している。大統領は「関税は中国が負担」と主張しているが、こうした不安を背景に米国の「経済政策不確実性指数」は昨年末以来の高水準に上昇。足元でピークアウトの兆しを見せている(図表1)。

 世界最大の自転車メーカーであるGiant Manufacturingは、2018年9月にTrump大統領が追加関税発動を警告した直後に対米輸出製品の生産拠点を中国から台湾に移し始めた。同社は「メード・イン・チャイナと世界的な供給という時代が終わった」と述べた。AppleやIntelも今週、米中貿易摩擦で世界のサプライチェーンを見直していることを表明。日本ではソニーが「状況に応じて製品の生産地を検討する」と表明した。貿易摩擦の行方を巡る投資家の疑心暗鬼は来週も株価の重石となりそうだ。

<図表1>米・経済不確実性指数が昨年末以来の水準に上昇

出所:Bloombergのデータから楽天証券経済研究所が作成(2019/6/19)
出所:Bloombergのデータから楽天証券経済研究所が作成(2019/6/19)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]