編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IBMとClouderaが戦略的提携--ビッグデータ分野の製品販売で協力

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-06-24 10:14

 IBMとClouderaは米国時間6月21日、ビッグデータアプリケーションの共同市場進出プログラムの推進に向けた戦略的提携を発表した。

 IBMは、Clouderaと合併したHortonworksと長きにわたってパートナー関係にある。IBMとClouderaの提携は「Apache Hadoop」およびその派生製品に基づいたアナリティクスツールなどの販売を目的としている。同社はこのプログラムについて、広範なApache Hadoopのエコシステムにおけるさらなる組織に、高度なデータと人工知能(AI)のソリューションをもたらすと説明している。

 今回の提携により、IBMは「Cloudera Enterprise Data Hub」と「Cloudera DataFlow」を再販する一方、Clouderaは「IBM Watson Studio」と「IBM Big SQL」を再販することになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]