編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ピュア・ストレージと富士通クラウドテクノロジーズが協業

渡邉利和

2019-06-26 11:33

 ピュア・ストレージ・ジャパンは6月25日、米Pure Storageと富士通クラウドテクノロジーズ(FJCT)の協業を発表した。FJCTのクラウドサービス「ニフクラ」のアジア太平洋・日本地域に(APJ)おける展開を推進するもので、FJCTはPure StorageのAPJ初となるマネージドサービスプロバイダー(MSP)プログラムパートナーとなる。

 FJCTは、MSPとしてPure Storageの「Evergreen Subscriptionモデル」および「Evergreen Storage Service(ES2)」を利用し、ニフクラのさらなる拡大を図る。なおES2は、Pure Storageが提供する運用費(OPEX)のみで「STaaS(STorage-as-a-Service)」を提供するプライベートクラウドおよびハイブリッドクラウド用のサービス。FJCTはPure Storageが専売する販売、技術、マーケティングリソースの利用が可能となる。

発表会で講演した経済産業省 商務情報政策局の吉田泰己氏、Pure Storage戦略部門副社長のMatt Kixmoeller氏、Pure Storage会長兼CEOのCharles Giancarlo氏、ピュア・ストレージ・ジャパン代表取締役社長の田中良幸氏、富士通クラウドテクノロジーズ代表取締役社長の愛川義政氏(左から)
発表会で講演した経済産業省 商務情報政策局の吉田泰己氏、Pure Storage戦略部門副社長のMatt Kixmoeller氏、Pure Storage会長兼CEOのCharles Giancarlo氏、ピュア・ストレージ・ジャパン代表取締役社長の田中良幸氏、富士通クラウドテクノロジーズ代表取締役社長の愛川義政氏(左から)

 Pure Storage 会長兼CEO(最高経営責任者)のCharles Giancarlo氏は、デジタル変革の時代を迎えてデータが企業活動の中心に位置付けられるようになったと同時に、「そのデータの大半がいまだに機械的に回転する磁気ディスク(HDD)に保存されている」と指摘した。また、HDDが手のひらサイズなのに対して同じ容量のフラッシュメモリーが爪の先ほどのサイズであり、スペースや消費電力の面で圧倒的に優位にあるとしながら、「データには“重力(Gravity)”がある」との表現で大量データの移動が簡単ではないと述べた。増え続けるデータを効率よく保存し、分析などの手段で価値を引き出していくためにはフラッシュのスピードが不可欠だと強調する。

 同氏は、製品の大きな特徴として「常に最新の製品機能を使い続けることができる『Evergreen Storage』」を挙げ、「マーケティングのアイデアをコピーすることは容易だし、料金モデルとして同様のプランを提供することもできるだろうが、われわれはダウンタイムなしでのアップグレードを実現している。これは製品の設計時点から考慮しているからこそできることであり、後付けで同じことを実現するのは不可能だ」と、競合他社との比較に自信を示した。

Pure Storageの製品/サービスのポートフォリオ(出典:ピュア・ストレージ)
Pure Storageの製品/サービスのポートフォリオ(出典:ピュア・ストレージ)

 製品ポートフォリオと戦略について戦略部門副社長のMatt Kixmoeller氏は、同社のフラッシュストレージの機能/性能が企業ユーザーにもたらす価値が、「アプリケーションの高速化」「マルチクラウドの構築」「データ保護の近代化」「データハブの構築」「DevOpsの高速化」の5つだと説明、これらのアドバンテージを活用することが企業の競争力強化に直結するとした。

 ピュア・ストレージ・ジャパン 代表取締役社長の田中良幸氏は、国内の体制強化などについて説明し、東京本社を従来比で約3倍のスペースとなる新オフィスに移転したことや、体制強化のため積極的に増員していることなどを紹介した。同社は今後、「クラウド/サービスプロバイダー」「ヘルスケア」「公共」「金融」「製造」「流通」の6種の産業ごとの事業部体制を構築、さらに中部支店/西日本支店と合わせた3拠点体制をさらに拡充し、日本全国をカバーしていくとした。

Pure Storageの機能/性能が企業ユーザーにもたらす価値(出典:ピュア・ストレージ)
Pure Storageの機能/性能が企業ユーザーにもたらす価値(出典:ピュア・ストレージ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]