編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

リゾートトラスト、クラウド化で経営情報管理業務を年約60%削減

NO BUDGET

2019-06-28 06:00

 リゾートトラストが「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を導入し、経営管理基盤を新たに構築した。試験導入の結果、事前準備、データ収集、集計処理、レポーティングの各項目でそれぞれ50%以上の業務時間削減が見込まれ、年間合計60%の業務時間の効率化が期待できるという。日本オラクルが発表した。

 リゾートトラストは、会員権事業を核にホテルレストラン事業、メディカル事業をはじめ幅広い領域で事業を展開している。同社は、全従業員がタイムリーに経営管理情報を提供し、さまざまな軸で分析しながら、各部門が主体的にPDCAサイクルを実施できる仕組みを模索していた。また組織変更対応、集配管理、バージョン管理などに多くの時間を要していることや、コア業務の属人化が進んでいることが課題となっていた。

 「Oracle Planning and Budgeting Cloud」は、理会計や予算管理で必要となるデータの入力および各種計算処理、レポートの作成や分析に至るまでを実現するクラウドサービス。リゾートトラストでは、同サービスについて、役職者がすぐに情報を把握でき、多角的な視点で、視覚的に分かりやすい予実分析が可能なことや、複数シナリオでの将来予測やシミュレーションができることなどを評価している。

 また、自動集計で最新データを即座に確認できる点やデータの一元管理・バージョン管理が可能なことも採用の決め手となった。さらに同サービスによって、タスクリストとワークフローによる予算プロセス効率化し、業務の属人性からの脱却ができるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]