編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

トランスコスモス、コールセンターの案内忘れを防ぐAI機能を提供

NO BUDGET

2019-06-28 14:56

 トランスコスモスは6月25日、音声認識ソリューション「transpeech」の新しい機能として、コールセンターにおいて約款や注意事項などの案内忘れを人工知能(AI)が自動でチェックする「AIディフェンダー」を開発したと発表した。同機能をトライアルで導入する顧客企業を3社募集する。

 transpeechは、コンタクトセンター向けの音声認識ソリューションで、同社が長年培ってきたコンタクトセンター運用ノウハウに音声認識システムを組み合わせることで、品質の改善・コストの削減・リスクの回避といったさまざまな運用上の課題を解決する。2018年12月の提供開始以降、順調にユーザーを増やしており、2019年度中には2000席を突破する見通しだ。

 AIディフェンダーは、これまでは管理者が膨大な工数をかけて行っていた聞き起こしによるチェックをワンクリックで全件を高速に自動判定することを可能にする。実証実験を行ったところ、人と比べて処理時間を98%削減する効果を測定した。

AIディフェンダーの効果
AIディフェンダーの効果(出典:トランスコスモス)

 同社では、transpeechを導入している、あるいはトランスコスモスが運用業務を提供している顧客企業を対象にAIディフェンダーのトライアルを実施する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]