編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

Azure移行で3年間の延命--ラック、「Windows Server 2008」支援サービス

NO BUDGET

2019-07-01 12:16

 ラックは6月27日、2020年1月14日にサポートが終了する「Windows Server 2008/2008 R2」の利用者に対して、パブリッククラウド「Microsoft Azure」への移行と3年間の延命を可能にする「セキュリティ診断付Azure移行支援サービス」の提供を開始すると発表した。

 Microsoftは、オンプレミス環境のWindows Server 2008を、クラウド環境のMicrosoft Azureに移行した場合に限り、無償でセキュリティ更新プログラムを提供すると約束している。ラックが提供するサービスは、オンプレミスまたは他のクラウドからAzureに移行するための計画と実施を支援するもの。複数のサーバーを連携して稼働するシステム全体の移行にも対応し、クラウドに移行したシステムのセキュリティ診断を実施する。

 計画段階では、対象となるシステムやサーバーやネットワークの構成を把握した上で、Azureへの移行計画を設計する。また、仮想私設網(VPN)や閉域網に接続するためのネットワーク設計なども行う。

 移行段階では、移行用のサーバーを設置し、移行先のシステム環境やネットワークを構築。データ同期の確認を取ってから移行し、セキュリティ診断などを実施する。支援段階では、運用支援や作業環境の破棄、原状復帰などを実施する。

 オプションでサポートサービス窓口を用意し、クラウド環境でのセキュリティ対策状況を調べる診断サービスを提供する。税別価格は、Windows Server 2008を搭載するサーバー5台を移行する場合で150万円から。想定する作業期間は約1カ月。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]