編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

シャープ、コンパクトサイズのA3マルチレーザー複合機投入--84万円から

藤代格 (編集部)

2019-07-02 07:15

BP-20C25の正面(出典:シャープ)
BP-20C25の正面(出典:シャープ)

 シャープは7月1日、A3カラーレーザー複合機「BP-20C25」「DX-20C20」を発表した。コンパクト設計ながら基本機能を標準で搭載していることから、メインマシンとしても活用できるという。7月19日から発売する。

 幅560mm、奥行560mm、高さ653mm。設置面積は業界最小クラスになると説明。同社の現行のA3複合機最小モデルとなる。この市場への投入は初めて。A3オフィスのキャビネット上やデスクサイド、スペースが限られた受付カウンター内などでも設置しやすいとしている。

活用イメージ(出典:シャープ)
活用イメージ(出典:シャープ)

 最大600×600dpiまでの読み取り、書き込み解像度に対応するコピーのほか、ファクス、プリンタ、スキャナ機能を搭載。オプションで無線LANへの接続、給紙容量550枚で1台まで追加できる1段給紙ユニット、ユニットに加えて1台まで追加できる1100枚の2段給紙デスクなどを提供するとしている。

給紙ユニットで終わらせることもできる(出典:シャープ)
給紙ユニットで終わらせることもできる(出典:シャープ)

 A4横の場合の連続複写速度が毎分25枚となるBP-20C25の税別希望小売価格が100万円。毎分20枚のDX-20C20は84万円。1段給紙ユニットは5万円、2段給紙デスクは25万円。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]