編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

東工大、パブリックブロックチェーンのシミュレーター開発--OSSで無償配布

NO BUDGET

2019-07-03 06:00

 東京工業大学 情報理工学院の研究グループは、パブリックブロックチェーンのシミュレーター「SimBlockouter」を開発し、オープンソースソフトウェア(OSS)として公開したと発表した。

 これは、ブロックチェーンネットワークをPC上で模擬して性能や安全性を検証するもの。1万台近くに達するノード群のインターネット上での振る舞いをシミュレートし、ノードの挙動を比較的簡単に変えることができる。これにより、改良や新手法がブロックチェーンにどのような影響を与えるのかをPC上で調べることができ、ビットコインなどにおける既存のブロックチェーンの改良や、独自に考案したブロックチェーンを手元のPC上で実験して性能や安全性を検証できる。

ブロックチェーンネットワークの可視化
ブロックチェーンネットワークの可視化(出典:東京工業大学)

 この研究は、セコム科学技術振興財団の研究助成を受けている。同研究グループは、SimBlockを活用してブロックチェーンの性能を向上させる研究を続けていくとともに、ブロックチェーンへの攻撃手法と対策をシミュレートし、安全性を向上させる研究にも取り組んでいく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]