編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

りそなHD、VMware製品でハイパーコンバージドインフラを構築

NO BUDGET

2019-07-03 06:00

 りそなホールディングスは、新たな事業基盤をVMware vSphereとVMware vSANによるハイパーコンバージドインフラストラクチャーで構築した。ヴイエムウェアが発表した。

 このインフラは、約130の業務システムを統合管理する次世代事業基盤。これまでプライベートクラウド環境上に構築してきたハードウェア基盤がサポート終了を迎えるのを契機に、2018年10月に構築された。第2フェーズとして2019年7月には、次世代事業基盤としての拡張を予定している。

 第1フェーズは、2018年6月から3カ月にわたる開発、9月のシステム移行のリハーサル、10月以降のVMware vSAN環境のリリース、業務システムとVM(仮想マシン)の移行を経て、当初の予定通り同年12月で対応を完了した。

 第1フェーズを通じて、約130の業務システムが稼働する従来の3層構成(サーバー/ストレージ/ネットワーク)の仮想化基盤が刷新され、今後想定されるITリソース増加に対応した仮想化基盤の拡張性が確保された。

 なお同基盤では、より精度の高いITリソースの需要予測と管理を目的にVMware vRealize Operationsも採用されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]