編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NEC、FIDO2対応のユーザーデータ活用基盤ソフトをリリース

NO BUDGET

2019-07-04 14:44

 NECは、モバイルサービスの本人確認に生体認証を利用できるユーザーデータ活用基盤ソフトウェアの機能強化版「NC7000-3A」を発売した。

 機能強化版は、FIDO(ファイド)アライアンスが定めるFIDO2に準拠し、ウェブブラウザ上でのログインに生体認証を利用できる。FIDO2対応で、従来のNC7000-3Aで実現していたモバイルアプリ利用時の生体認証ログイン(FIDO UAF対応)に加えて、PCやスマートフォンの対応デバイスによる生体認証が行える。また、USB/NFC/Bluetoothの通信規格に対応し、外付型認証デバイス(セキュリティキー)によるログインに対応、Android OSとiOSのアプリでは指紋と顔に加えて声認証にも対応する。

NC7000-3Aの強化ポイント
NC7000-3Aの強化ポイント

 FIDO2は、モバイル機器のバイオメトリクスやFIDOセキュリティキーなどを使ったウェブサイトおよびアプリケーションへの簡単で安全なログインを可能にする標準。固定パスワードより優れた堅牢な暗号学的セキュリティによって、ユーザーをフィッシングやパスワード盗難およびリプレイ攻撃などの脅威から保護する。

 組織はNC7000-3Aを利用することで、ID・パスワード認証の課題であるなりすましの防止や入力の手間を削減し、ECサイトやオンラインバンキング、自治体や官公庁が提供するウェブサービスなどを利用する際に、パスワードレス認証が可能となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]