編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ネットアップ、フラッシュストレージの新エントリーモデル--価格は半分に - (page 2)

阿久津良和

2019-07-05 07:15

 AFF C190は上位モデルと比べるとシンプルな構成になっており、選択可能なストレージは4種類、ネットワークも2種類と、計8種類のモデルから選択する形となる。ただ、「OSは上位モデルと同じONTAP 9.6。エントリーに位置付けながらも提供する機能はハイエンドモデルと同等」(ネットアップ システム技術本部 ソリューションアーキテクト部 シニアソリューションアーキテクト 大野靖夫氏)

 インラインデータの削除や重複排除・圧縮、シンプロビジョニングやスナップショットといった機能を提供し、従来の非同期に加えて、同期型のSnapMirror Synchronousがライセンスを含めて提供する。プロトコルはFC、iSCSI、NFS、SMB。転送モードもStrict Synchronous、Synchronousをサポートする。また、

ネットアップ システム技術本部 ソリューションアーキテクト部 シニアソリューションアーキテクト 大野靖夫氏
ネットアップ システム技術本部 ソリューションアーキテクト部 シニアソリューションアーキテクト 大野靖夫氏

 参照頻度の低い“コールドデータ”をクラウドへ自動的にティアリングする「FabricPool」を搭載。Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azure、Google Cloud Platform(GCP)、IBM Cloud、Alibaba Cloudといったパブリッククラウド、NetApp Storage GRIDやIBM Cloud Object Storageなどのオンプレミス環境へ退避できる。

 FabricPoolをクラウドで利用する場合は10TBまでのライセンスが無償提供されるため、事実上プラス10TBの容量を得ることになる。この他にもNetAppが蓄積した4PBのデータを機械学習にかけた知見によってストレージを予測、分析するサービス「Active IQ」には、必要なパフォーマンスを分析、予測するとともにデータ保護にリスクを持つボリュームの識別、オールフラッシュへ移行すべきワークロードの推奨などの機能が加わった。

ネットワーク接続方式を選べる
ネットワーク接続方式を選べる

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]