グーグル、Elastifileを買収へ--「GCP」のファイルストレージ強化に向け

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-07-10 10:04

 Googleは米国時間7月9日、スケールアウト型ストレージファイルサービスを手がけるElastifileを買収する契約を締結したと発表した。買収の金銭的条件は明らかにされていないが、イスラエルのテルアビブに拠点を置くElastifileは直近の資金調達ラウンドでおよそ6500万ドル(約70億8000万円)を獲得している。

 Elastifileは既に「Google Cloud Platform」(GCP)上において、大規模なエンタープライズグレードアプリケーション向けの、完全クラウドネイティブなファイルストレージサービス「Elastifile Cloud File Service」(ECFS)を提供している。企業は同社のサービスを利用することで、ストレージ容量をオンデマンドで柔軟にスケールアウト/スケールインできる。また同社は、ファイルストレージとオブジェクトストレージの間のインテリジェントな階層化機能を実現する「ClearTier」というサービスも提供している。

 GCPは、「Cloud Filestore」という独自のファイルストレージシステムを有しているものの、ECFSはエンタープライズ向けのある種のユースケースにおいて、より柔軟でコストパフォーマンスに優れた選択肢となり得る。Googleは今回の買収により、ECFSをCloud Filestoreに統合することで、同社サービスの高速化とスケーラビリティーの向上を目指す。

 Google Cloudの最高経営責任者(CEO)Thomas Kurian氏は同社ブログへの投稿に、「ElastifileとGoogle Cloudが1つになることで、従来のワークロードをGCPにより迅速に移行するための支援を提供するとともに、管理および、データやコンピュートインテンシブなワークロードのスケーリングを簡素化する」と記している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]