編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日立製作所、テレワーク・デイズ2019に参加--首都圏勤務の約1万8000人が対象

ZDNet Japan Staff

2019-07-10 17:45

 日立製作所は7月10日、総務省などが東京都や関連団体と連携して展開する「テレワーク・デイズ2019」に特別協力団体として参加すると発表した。7月22日~8月2日を参加推奨日とし、首都圏で勤務する従業員約1万8000人を対象とする。

 具体的には、在宅勤務やサテライトオフィス勤務などの積極的な実施と在宅勤務・時差通勤・休暇取得による早朝の通勤者数の削減を目指す。

 日立では、2016年12月から働き方改革の全社運動「日立ワーク・ライフ・イノベーション」に取り組んでいる。主要施策として、時間や場所にとらわれずに仕事ができる「タイム&ロケーションフリーワーク」を推進している。

 サテライトオフィスは2019年6月末時点で61拠点を設置しており、日立グループ全体で月間5万人を超える利用があるという。また、いつでもどこでも安全に社内ネットワークにアクセスできる環境の整備し、ヘッドセットや液晶ディスプレイなどのITツール約3万台を配布し、会議のオンライン化やペーパーレス化を実現している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]