編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

インテルのCPU診断アプリとSSDファームウェアに脆弱性--最新版へのアップデートを推奨

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2019-07-11 12:03

 「Intel Processor Diagnostic Tool」(IPDT)をダウンロードしたことがある「Windows」ユーザーや管理者は、最新バージョンの32ビットおよび64ビット製品にアップデートすべきだ。

 Intelによると、IPDTの「バージョン4.1.2.24」以前のバージョンには、認証されたローカルのユーザーが悪用すると特権昇格や情報漏えい、サービス拒否(DoS)を引き起こせる「不適切なアクセス制御」の問題があるという。

 Intelは、この脆弱性の深刻度について、共通脆弱性評価システム「CVSS v3」のスコアで8.2の「高」に分類している。ローカルからしか攻撃できないものの、この脆弱性を突くのに複雑な攻撃は不要だからだ。

 Intelは、 IPDTの「バージョン4.1.2.34」で脆弱性に対する修正を提供している。バージョン4.1.2.34は、「Windows 10」「Windows 8.1」「Windows 8」「Windows 7」「Windows Server 2008 R2」で利用可能だ。

 IPDTは、Intel製マイクロプロセッサーの機能を検証し、動作頻度をチェックするのに利用されている。

 脆弱性は、ファームウェアのセキュリティを専門とするセキュリティ会社Eclypsiumの研究者によって発見された。Eclypsiumを設立したIntelの元上級脅威研究者は、IntelのCPUの投機的実行ルーティンを悪用できる「Spectre」攻撃の新しい亜種をいくつか発見した。

 Intelはこのほかに、「Intel SSD DC S4500」シリーズと「Intel SSD DC S4600」シリーズのファームウェアに影響する、深刻度が「中」の脆弱性についても明らかにした。

 「『SCV10150』以前のIntel SSD DC S4500シリーズとIntel SSD DC S4600シリーズのファームウェアにおける不適切な認証により、非特権ユーザーが、物理的アクセスを通じて特権昇格できる可能性がある」とIntelは述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]