編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

国家関与の高度で危険な18のマルウェア - 13/18

Catalin Cimpanu (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 石橋啓一郎

2019-08-16 06:30

Olympic Destroyer

 「Olympic Destroyer」は、2018年の平昌冬季五輪の開会式を狙って攻撃を行い、インターネット接続などに障害を発生させるために使用された。この攻撃ではテレビ局や報道陣も影響を受けた。

 このマルウェアは、ドーピング問題を受けて、国際オリンピック委員会によってロシアのアスリートの出場が禁じられたり、ロシア国家として参加できず、個人資格での参加を強いられたことに対する報復として、ロシアのハッカーによって作成され、展開されたものだとする見方があった。

 このマルウェア自体は感染したシステムのアプリケーションのパスワードを盗むもので、その後ハッカーが盗んだ認証情報を使って昇格した権限でほかのシステムにアクセスし、データ消去攻撃を実行することで、一部のサーバーやルーターをダウンさせた。最初の攻撃から数カ月後の2018年6月には、別バージョンのOlympic Destroyerが発見されている。

Olympic Destroyer

 「Olympic Destroyer」は、2018年の平昌冬季五輪の開会式を狙って攻撃を行い、インターネット接続などに障害を発生させるために使用された。この攻撃ではテレビ局や報道陣も影響を受けた。

 このマルウェアは、ドーピング問題を受けて、国際オリンピック委員会によってロシアのアスリートの出場が禁じられたり、ロシア国家として参加できず、個人資格での参加を強いられたことに対する報復として、ロシアのハッカーによって作成され、展開されたものだとする見方があった。

 このマルウェア自体は感染したシステムのアプリケーションのパスワードを盗むもので、その後ハッカーが盗んだ認証情報を使って昇格した権限でほかのシステムにアクセスし、データ消去攻撃を実行することで、一部のサーバーやルーターをダウンさせた。最初の攻撃から数カ月後の2018年6月には、別バージョンのOlympic Destroyerが発見されている。

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]