編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

国家関与の高度で危険な18のマルウェア - 17/18

Catalin Cimpanu (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 石橋啓一郎

2019-08-16 06:30

Bad Rabbit

 2017年に発生したランサムウェアの世界的な流行のうち最後の1つも、やはり国家所属のハッカーの手によるものとの見方がある。「Bad Rabbit」もNotPetyaと同じくウクライナやロシアなどで展開されたが、ポーランドと韓国でも被害があったと報じられた。ただし、WannaCryやNotPetyaと比べると影響は小さかった。

 NotPetyaとは違って、Bad Rabbitの主な感染メカニズムにはEternalBlueは使用されていない。またそのコードには、米国の有名なテレビ番組「Game of Thrones」に関する言葉が数多く埋め込まれていた。

Bad Rabbit

 2017年に発生したランサムウェアの世界的な流行のうち最後の1つも、やはり国家所属のハッカーの手によるものとの見方がある。「Bad Rabbit」もNotPetyaと同じくウクライナやロシアなどで展開されたが、ポーランドと韓国でも被害があったと報じられた。ただし、WannaCryやNotPetyaと比べると影響は小さかった。

 NotPetyaとは違って、Bad Rabbitの主な感染メカニズムにはEternalBlueは使用されていない。またそのコードには、米国の有名なテレビ番組「Game of Thrones」に関する言葉が数多く埋め込まれていた。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]