編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

国家関与の高度で危険な18のマルウェア - 3/18

Catalin Cimpanu (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 石橋啓一郎

2019-08-16 06:30

Stuxnet

 「Stuxnet」に関しては今回紹介しているマルウェアのなかで唯一、ドキュメンタリー映画が制作されている。

 StuxnetはNSAと、イスラエル国防軍でサイバー攻撃/防御を担当する8200部隊が2000年代に協力して開発したとされるマルウェアだ。同マルウェアによる攻撃は、イランの核開発プログラムを妨害するという両国の取り組みの一環としてイランに対して2010年に仕掛けられた。

 攻撃時に4つの異なるゼロデイ脆弱性を悪用したとされているStuxnetは、産業制御システムに的を絞って開発されたマルウェアだ。Stuxnetの役割は、核濃縮施設に設置された遠心分離機の設定を変更し、ローターの速度を上下させて振動を誘発し、破壊することだった。

 このマルウェア攻撃は成功し、20万台を超えるコンピューターに感染した結果、イランのナタンズ核施設にある1000基近くの遠心分離機が破壊されたという。

Stuxnet

 「Stuxnet」に関しては今回紹介しているマルウェアのなかで唯一、ドキュメンタリー映画が制作されている。

 StuxnetはNSAと、イスラエル国防軍でサイバー攻撃/防御を担当する8200部隊が2000年代に協力して開発したとされるマルウェアだ。同マルウェアによる攻撃は、イランの核開発プログラムを妨害するという両国の取り組みの一環としてイランに対して2010年に仕掛けられた。

 攻撃時に4つの異なるゼロデイ脆弱性を悪用したとされているStuxnetは、産業制御システムに的を絞って開発されたマルウェアだ。Stuxnetの役割は、核濃縮施設に設置された遠心分離機の設定を変更し、ローターの速度を上下させて振動を誘発し、破壊することだった。

 このマルウェア攻撃は成功し、20万台を超えるコンピューターに感染した結果、イランのナタンズ核施設にある1000基近くの遠心分離機が破壊されたという。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]