Googleと手を組むオープンテキスト--クラウド戦略を強化へ

末岡洋子 2019年07月16日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 エンタープライズ情報管理(EIM)ベンダーのOpenTextは、クラウド戦略を進めるに当たってGoogleと手を組んだ。GoogleはOpenTextの優先パートナーとなり、顧客のEIMワークロードをGoogle Cloudへ移行するのを支援し、深いレベルでの製品統合も進めるという。この提携が発表された「OpenText Enterprise World 2019」で同社幹部に、Googleを選んだ背景を聞いた。

2020年からクラウドファーストへ

 OpenTextとGoogleとの関係は約1年前にさかのぼる。今回の提携は、これをさらに進めるものとなる。

 OpenTextは、コンテンツ管理などのEIM製品をオンプレミスで提供してきた。ここ数年でクラウドとAI(人工知能)戦略を進めてきた。クラウドでは、「OT2」としてSaaSプラットフォームを構築しており、OT2を土台とする「Core」ブランドのアプリケーションの数も増やしている。また、EDI(電子データ交換)の「Business Network」もクラウド製品となる。主力の「OpenText Release 16」では、マネージドサービスなどを提供するが、今回のイベントでは、2020年4月に提供する次期版で“クラウドファースト”とすることを宣言、その名も「Cloud Edition」でコンテナー化により、オンプレミス、クラウドに対応する。2019年の始めに同社は、クラウドを利用する顧客が20%だと説明していた。

OpenText 最高経営責任者兼最高技術責任者のMark Barrenechea氏
OpenText 最高経営責任者兼最高技術責任者のMark Barrenechea氏

 顧客のクラウド移行に関してGoogleとの提携は重要な役割を果たす。イベントの基調講演でOpenTextの最高経営責任者(CEO)兼最高技術責任者(CTO)を務めるMark Barrenechea氏は、「OpenTextはGoogle Cloudの優先戦略EIMパートナーとなり、Google CloudはOpenTextの優先クラウドパートナーになる」と述べた。

 OpenTextとGoogle Cloud Platform間の製品統合を進め、現行のRelease 16と次期Cloud Editionでは、運用環境、ディザスターリカバリー、バックアップとしてGoogle Cloud Platformを利用できる。Googleの機械学習技術、「G Suite」とEIM機能の統合も進めていくと述べた。共同でのセールス、マーケティングも行うという。Google Cloudとの提携により、OpenTextのクラウド戦略は3層となる。(1)東京や大阪を含め世界中でデータセンターを構築して展開する自分たちのクラウド、(2)続いてGoogle Cloud、(3)Amazon Web ServicesおよびMicrosoft Azureなど顧客の選択したクラウド――だ。(1)と(2)はSLAが一本化される。

 このデモとして同社は、アーカイブ製品「InfoArchive」とGoogle Cloud Platform上にあるビューサービス「Brava」、そして、Googleのトランスクリプションと翻訳サービスを使い、コールセンターの顧客との英語での会話をテキストに書き出し、さらにフランス語に翻訳するという様子を見せた。

OpenTextのアーカイブ「InfoArchive」とGoogle Cloud Platformの統合により、クラウド上で瞬時に音声データをテキストにして翻訳できる
OpenTextのアーカイブ「InfoArchive」とGoogle Cloud Platformの統合により、クラウド上で瞬時に音声データをテキストにして翻訳できる

 Google Cloudでグローバルエコシステム&ビジネス担当コーポレートバイスプレジデントを務めるKevin Ichhpurani氏は、「深いレベルでのエンジニアリングを進める。EIMにあるコンテンツに機械学習を利用することで、新しいサービスの可能性がある」と述べた。そして、クラウドの潜在性について、「全てをクラウドにする。サプライチェーンの最適化やパーソナライズを行う、業界の崩壊につながるサービスを提供する、という3つのステップがある」と説明した。

Google Cloud グローバルエコシステム&ビジネス担当コーポレートバイスプレジデントのKevin Ichhpurani
Google Cloud グローバルエコシステム&ビジネス担当コーポレートバイスプレジデントのKevin Ichhpurani

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
“真FinTech” 地域金融の行方
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
スペシャル
デジタル時代を支える顧客接点改革
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
エンタープライズトレンドの読み方
10の事情
座談会@ZDNet
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]