編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

JSUGとSAPジャパン、日本企業のERP導入に向けた提言--小冊子を一般公開

NO BUDGET

2019-07-18 12:11

 ジャパンSAPユーザーグループ(JSUG)とSAPジャパンは7月11日、日本企業のERP導入に向けた提言「日本企業のためのERP導入の羅針盤〜ニッポンのERPを再定義する〜」を取りまとめ、JSUGのウェブページで一般公開したと発表した。

 この提言は、2018年7月から2019年3月にわたって、JSUGがSAPジャパンと協力して組織した、「ニッポンのERP再定義委員会」が議論を重ねまとめたもの。同委員会にはユーザー企業、ERP導入に多数携わってきたパートナー企業、SAPジャパン、JSUGから集まった有識者12人が参加している。

 同委員会は、1990年代後半から多くの日本企業がレガシーシステムの刷新とビジネスプロセスリエンジニアリング(BPR)推進を目指して統合基幹業務システム(ERP)の導入が行われてきたが、本来の目的であったリアルタイム経営、データを活用した経営を実現している企業は必ずしも多くないことや、デジタルトランスフォーメーション(DX)の基盤となる基幹システムのデジタル化は、日本において必ずしも進んでいるとは言い難い現状があることなどを背景に、ERPの本来あるべき姿での導入に向けた指針を作成する目的で組織された。

 提言では、これからの日本におけるERP導入の指針を、「目的」「導入」「体制」「活用」の4つの軸で提言としてまとめられている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]