編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
日本株展望

米ダウ平均はなぜ強い?--3万円で30銘柄に投資できる

ZDNet Japan Staff

2019-07-19 10:53

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 米ダウ平均の堅調を支えているのは適温相場
  2. 構成銘柄のダウ平均堅調への貢献度をチェック
  3. 3万円程度でダウ平均の30銘柄に分散投資できる

 これら3点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

米ダウ平均の堅調を支えているのは適温相場

 先週に続き今週も米国市場ではダウ平均、S&P 500指数、ナスダック総合指数が最高値を更新した。15日のダウ平均の終値は2万7359.16ドルと年初来で17.3%増、値幅では年初来4031ドル上昇となった。

 米連邦準備制度理事会(FRB)の早期利下げ期待が根強い中、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)が底堅いことが株高要因となっている。実際、FRBが17日に公表した地区連銀経済報告書(通称:ベージュブック)によると、「米経済は過去数週間、引き続き穏やかに拡大」し、貿易摩擦による影響やリスクはあっても「全般的な見通しはおおむね明るい」との認識が示された。

 一方、Powell FRB議長は11日の下院議会証言で、「日本の教訓から得られたのは、(金融政策が)後手に回らず、物価上昇率が目標の2%を下回らないようにすること」と述べ、貿易摩擦だけでなくインフレ低迷を阻止するための「予防的な金融緩和」に意欲を見せている。

 低インフレ・低金利と業績(EPS)拡大期待の組み合わせによる「適温相場」が米国株高を支えている状況だ(図表1)。一方、中国を中心とした外需の低迷、円高観測、消費増税、五輪特需の剥落不安などが重石となり、日経平均は米ダウ平均に対し劣勢を余儀なくされている。

<図表1>米ダウ平均の優勢を支える業績拡大見通し

※市場予想平均はBloomberg集計。出所:Bloombergのデータから楽天証券経済研究所が作成(2019/7/17)
※市場予想平均はBloomberg集計。出所:Bloombergのデータから楽天証券経済研究所が作成(2019/7/17)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]