編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

ヴイエムウェア、Bitfusionを買収へ--AIアクセラレーターの仮想化を強化

Stephanie Condon (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2019-07-22 10:39

 VMwareが、テキサス州オースティンに拠点を置くBitfusionを買収する計画を発表した。Bitfusionはアクセラレーテッドコンピュートの仮想化におけるパイオニアだとVMwareは説明している。買収条件は明らかにされていない。

 VMwareはBitfusionのテクノロジーを用いることで、より効率的に人工知能(AI)および機械学習(ML)に基づくワークロードをオンプレミス環境やハイブリッドクラウド環境でサポートする計画だ。Bitfusionのプラットフォームは「VMware vSphere」に統合されることになる。

 AIに基づくワークロードの処理を高速化するためのハードウェアアーキテクチャーにはGPUや FPGA(Field-Programmable Gate Array)、ASICなどがあるが、多くはベアメタルで配備されている。

 VMwareは「このため、それらを仮想化することで、リソースの共有を促すとともに、コストを引き下げる理想的な機会が生み出される」と同社のブログに記している。

 Bitfusionのソフトウェアプラットフォームは、サーバーと密接に関わり合っている特定の物理リソースを該当サーバーから切り離すようになっている。BitfusionはGPUに焦点を当てているが、プラットフォームを拡張することで、FPGAやASICのような他のアクセラレーターをサポートできるようになる。また、AIフレームワークやクラウド、ネットワーク、仮想マシンやコンテナといったフォーマットをまたがった動作も可能だ。

 VMwareは「Bitfusionによって、VMwareが数年前にコンピュートの世界にもたらしたようなハードウェアアクセラレーションがさまざまな方法で提供される」ともブログで説明している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]